第2回アフィリエイト・カンファレンスレポート(2003年11月16日)
去る11月16日(日)にアフィリエイトマーケティング協会主催の第2回アフィリエイトカンファレンスが開催されました。 多くの方々のご出席を頂き、盛況のうちに終わらすことができました。ご出席者の方々には、この場をかりて御礼申し上げます。
さて、簡単ではありますが、当日行われたセミナーの内容をダイジェストとしてご紹介いたします(懇親会の模様もあわせて紹介させていただきます)。 ご出席していただいた皆様への資料に、また、お越し頂けなかったみなさまにも少しでも内容を知ってもらえればと思い、ご用意いたしました。ぜひご覧ください。

◇主催 : アフィリエイトマーケティング協会
◇協力 : 翔泳社
◇開催日時 : 2003年11月16日(日) 14:30〜17:00
◇開催場所 : 翔泳社 本社 1F 会議室

〜第2回カンファレンスを振り返って〜 参加者の声とスタッフの感想もぜひご覧ください
■14:30〜
 開始・ご挨拶
実はこの日は、東京女子マラソン大会。会場となっている翔泳社のすぐ近くを高橋尚子選手が走っていたのです。実行委員・参加者のうち何人かは、選手達が走りすぎる場面に遭遇できたようです。

申込いただいた方のうち、キャンセルはほとんどなく、定刻には、会場はほぼ満席状態。簡単にカンファレンススケジュールを説明し、今回、会場を無償提供してくださった翔泳社の泉氏よりお言葉をいただき、第一部へと移りました。
【第一部】14:35〜
 楽天アフィリエイトを極める!
楽天株式会社ユーザマーケティング部長 堀内公博氏
パソconeco運営 柴田
13,000社が参加し、商品点数も500万点を超える巨大モール楽天が、今、注力しているのがアフィリエイト。スーパーポイントと連動した楽天アフィリ エイトの他、複数のアフィリエイト事業者(ASP)も活用して積極的なアフィリエイト展開をしています。今回は、楽天でアフィリエイト戦略を担当する堀内 氏を迎え、楽天アフィリエイトの現状や活用TIPSなどをお話いただきます。

楽天からはアフィリエイトマーケティングの担当の堀内氏から楽天アフィリエイトの概要などについてお話して頂きました。
楽天がアフィリエイトを利用するのは、トラフィックの増大とショッピングコンテンツの充実という二つ目的があるとのことです。 コンテンツ面では楽天広場の効果が大きく、ユーザーがそれぞれの分野で充実したコンテンツを作成しており、それらがかなり効果をあげているとの説明がありました。
そして具体的な事例を交えて、楽天アフィリエイトの使い方のヒントを説明して頂きました。

楽天ではアフィリエイト経由の取扱い高がすでに全体の20%〜25%に達しており、今後も新しいサービスを開発してアフィリエイトには力を入れてゆきたいとのことです。(柴田)
【第二部】15:55〜
 アフィリエイトサイト診断教室
悩みドットジェイピー運営 藍玉
バナー広告NAVI affiliate-net運営 猪鼻
癒しんぼう運営 櫻井

前回、こんなリクエストがありました。「毎月数十万円のコミッションを稼ぐアフィリエイトから、その秘訣を教えて欲しい」 そこで、今回実行委員が考えたのがこの企画。ママさんアフィリエイターとして雑誌でも紹介された「悩みドットジェイピー」を運営する藍玉が、これから積極的にアフィリエイトを始めようという方のサイトを診断し、アドバイスします。 私(藍玉)がサイトをつくるときに気をつけているのは次の3点です。

1.訪問者の立場になる
2.SEO対策
3.個性を出す


具体的には、リンクの色を変えない。画像リンクだけでなく、商品名にはテキストリンクを貼る。さらに、「詳しくはこちら」へにもリンクを貼る。「自分が訪問者ならどんなキーワードを入力するか」を考えてページをつくる。お気に入りに登録してもらえるような独自色を出す。 癒しんぼうさんのサイトは「アイランドテラピー」というユニークなコンテンツがあるので、これをもっと目立つところに配置するといいと思いますよ。(藍玉)

当たり前のことを当たり前にやっていくこと。その重要性を改めて実感しました。頭では理解しているつもりでも、サイト構築に活かすことができない・・・。 多くの情報で頭の中が混乱しているんですね。 私のような初心者に陥りやすいパターンではないでしょうか。 まずは私が一番、初めにやらなければならないこと。 こうして、一つ一つ指摘されたチェック項目はどんな書物や関連サイトにある情報より有意義なものです。
"診断"だけに留まらず"解決・解消"まで導いて頂きました。 まさに"悩みドットジェイピー"のコンセプトに基づかれたセッションです。 後は私のヤル気次第ということですね!(櫻井)
【第三部】16:35〜
 米国・アフィリエイトマーケティングとGoogle"アドセンス"
アフィリエイトポータル・ネット運営 石川

アフィリエイトを軸に様々なビジネスモデルが登場している米国アフィリエイト市場。その最新動向や今後日本にも導入されるであろうモデルなどを、アフィリエイトポータル・ネット運営の石川がご紹介いたします。
アメリカの著名なアフィリエイトプログラム関係のニュースレターに「アフィリエイトプログラムは生き残れるか」 と云う、我々にとってはショッキングな主題で、アドセンスの事を 「マネー製造機」 として、紹介されました。
"アドセンス"は、Googleの"アドワーズ"を、Googleの検索結果サイトのみでなく、個人サイトにも掲載可能にした、「キーワード連動型クリック課金式(CPC)」 の広告です。
座っていても、目の前にお金が転がり込むという、かなり大げさな表現で紹介されていますが、1日に、20万円も入ってくるサイトがあるとあっては、大げさにならざるを得ないのでしょう。
英語圏では今年の2月より始まり、この10月には、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン語など、主な欧文文化圏にその適用範囲が広がっています。タテ文 字文化圏には、技術上の問題、或いは、私見ですが、アドワーズの広告主の数の問題などあるように思われますが、いずれ、日本にも上陸してくるものと思われ ます。
アフィリエイトにとっては選択技が広がります。しかし、ASPとマーチャントはどうでしょうか。その日のために、準備を怠りなくしましょう。

■16:55〜
 閉会のご挨拶
アフィリエイトINDEX 運営 和田

以上で、第二回カンファレンスも無事終了。前回より時間枠拡大したものの、正直まだ足りないくらいに感じられました。
懇親会会場の案内を行い、ECサイト『"あなたのスッキリ"(有)トムスワールドコム』様から提供されたコーヒーエネマお試しセットと、『エコデパ ドットコム』様から提供いただいた竹繊維100%の竹タオルの抽選方法について説明を行った後、いったん散会となりました。みなさま、お疲れ様でした!

懇親会も大賑わい
カンファレンス終了後たくさんの方々に懇親会へ参加していただきありがとうございました。 懇親会では初対面でも気軽に話ができる雰囲気が出来上がり、和気あいあいと名刺交換や情報交換に花が咲いてあっという間の2時間(3時間?)でした。 新しい交流が生まれ人脈作りにも貢献でき、当委員会としてもたいへんうれしく思っております。